スポンサーサイト

  • 2016.08.08 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    野音でキセル

    • 2013.06.03 Monday
    • 19:32

    行ってきました。

    発売早々チケットを確保して楽しみにしていたのに
    ちびさんの運動会とまさかのバッティング・・・。

    いや、終わってから急いで電車に乗れば開演には間に合うはず!と
    諦める気は微塵もなく
    運動会終了後、家までダッシュして重箱弁当を置き
    駅まで競歩で進み、電車を乗り継いで乗り継いで日比谷野外音楽堂へ。
    やっとの事で着いたのは開演予定時間の5分前。
    整理番号は無意味ながらも座ることが出来て
    空いていたのがお誂え向きにファミリー席。
    座りますよ、ファミリーですから。ありがたい。

    売店でお酒を買って、座ったら程なくしてキセルが登場。
    夕方の空気の中、 夏が来る でスタート。
    何だかいっぺんに幸せな気持ちがこみ上げてきて
    色んなことを思った。
    さっき「キセルに間に合わない!!」と坂道を転がるように走って
    転んで擦り剥いて泣いたちびさんが横でキャッキャと笑ってる事、
    この薄曇りの空の色、今ここで鳴っている音、気持ちよく体中に入ってくる声
    絶対に忘れないなぁと思った。

    ゆっくり曇天が夜空に変わってゆく間中
    心地よい音、声、空間の中にいて
    もし自分が死んだとき、天国に行けるとしたら
    こんな風だったらいいなー、天国 と思った。
    心地よくて、ゆるくて、ふわーっとあったかい様なところ。


    野音はうんとしばらくぶりで、随分前にイベントで
    ジョナサン・リッチマンを観に行ったんだった。
    あの時はリズムアンドペンシルの松永さんが書かれた
    ジョナサンの小冊子をもらったのだけど
    多分10年ぶりくらいの今回も、松永さんのインタビューの載った
    キセルブックをもらって、何だか不思議で嬉しいなぁと思った。

    ちびさんが大きくなったとき
    この夜の事を少しでも思い出してくれたらいいなと思う。
    自分も死ぬ前には走馬灯の中にちゃんと思い出したいなぁ。
     

    スポンサーサイト

    • 2016.08.08 Monday
    • 19:32
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック